カテゴリ: ルーラーシップ産駒

ライラックカラー 牡馬 2015年2月23日
父:ルーラーシップ 母:ルルパンブルー(母父:ジャングルポケット)

出走成績:2戦1-0-0-0-1-0
馬券成績:0戦
見送り時:2戦1-0-0-0-1-0
取捨選択:2戦中1戦成功50%

次走の馬券:本命候補
狙い:デビュー戦が2着ランドネ、3着ロードザナドゥとレベルが高かったが、昇級初戦でも先行して粘りを見せる好勝負。5着だがクビ+ハナ+頭+1/2の接戦。先行馬の中で残ったのは2着のグレートウォリアーとこの馬だけなので頑張った。次走は狙ってよさそう。ルーラーシップ産駒。適距離は1800~2000前後か。次走は短縮で好走気配。ルーラーシップ自身はどの競馬場も極端な得意不得意がなさそうだが、母父にジャングルポケット、トニービンの3×3、やはり東京や左回りが狙い目か。右回りは抑えにとどめてもよいかも。キセキを出しているように重馬場は苦にしなそう。

1)2018/2/18 東京 新馬 芝1800m良 北村宏司 462㎏ 3人1着 見送り
予想:トニービンの3×3、東京は得意そうです。注目して、デビュー戦につき馬券は見送ります。

回顧:好スタートも出入りのある序盤で5~6番手となる。ランドネは600m37.8、1000m63.4と気持ちよく逃げる。直線よい手ごたえも前が壁になり進路を見つけるのに少し手間取る。それでも200過ぎで外目に出して追い出すと一気に伸びてランドネを首差競り落とした。同じような位置取りで3着のロードザナドゥには3馬身差をつける圧勝。
※ランドネ、ロードザナドゥは関西からの遠征。ランドネは次戦で阪神1800を逃げ切り勝ち上がり、ロードザナドゥもサトノシリウスとの叩き合いで惜しくも2着に敗れたが3着に3馬身半と強い競馬を見せた。

2)2018/3/24 中京 大寒桜賞 芝2200m稍 北村宏司 469-2 2人5着 見送り
予想:2月18日以来デビュー2戦目、騎手は継続です。前走は東京1800m。上がり33.8でランドネ(次戦1着)、ロードザナドゥ(次戦2着)を抑えて勝ちあがっており、レベルの高い1戦だったと考えられます。ルーラーシップも特に競馬場に得意不得意のないタイプ。1800でかなりのキレ味を発揮していたあたり、距離延長はさほどよいとは思いません。今回は昇級初戦ということもあります。初戦のレベルを鑑みると迷いますが、今回は購入見送りとします。

回顧:2枠2番。トップスタートから先頭を伺うが外の馬を行かせ、楽に4番手控える。3~4番手でレースを進め、インでじっと我慢。直線に向いて坂下で追い出すと、前が開き抜け出す。先頭を伺うも外から来た4頭に残り50mで分が悪くなり惜しい5着に敗れた。

2018/03/21更新

パイオニアバイオ
 牝馬 2015年3月3日生
ルーラーシップ×アニメイトバイオ(ゼンノロブロイ) 初仔
出走成績 : 7戦 0-4-1-2-0-0
馬券成績 : 3戦 0-3-0-0-0-0 購入 3000円 払戻 4300円 +1300円
                      的中率 100% 回収率 143%
購入見送り : 1戦 1-0-0-0-0-0

次走の馬券:抑え候補
狙い:昇級初戦はまず抑えにとどめる。持ちタイムはそれほど良くないが、そこそこの上がりの脚を持っており昇級でも通用すると思う。頭の高い走法が気になるが堅実。ルーラーシップ産駒は競馬場による得意不得意は目立たないが、この馬も器用なタイプで問わない。1600も実績はあるがベストは1800~2000か。重馬場得意なので比較的馬場が悪い方が持ち味が活きる。

1) 2017/08/05 新潟 2歳新馬 芝1600m良 柴田善臣 4番人気4着 412kg 予想なし
回顧(ブログ開設前):柔らかくスムーズに歩いているが、腰回りはかなり細く見える。スマート。早め先頭で粘りきった4着だが4コーナーからずっと頭が高くてちゃんと走ってない印象。ほとんど全ての馬が32-33秒台で走るスローペースの競馬。

2)2017/10/22 東京 2歳未勝利 芝1800m不良 松山弘平 3番人気3着 418+6 予想なし
回顧(ブログ開設前):+6kgで、腹回りは少し肉付きが良くなった印象。雨のせいかキビキビ感は前回より劣る。相変わらず頭が高い。4コーナー先頭を伺う早めの競馬をしていたが、勝負どころで仕掛け遅れ、前が壁になったりして抜け出しが遅れる。頭の高い走法のまま加速してゴール直前で3着にあがりゴール。
3)2017/11/12 東京 2歳未勝利 芝1800m良 柴田善臣 2番人気2着 422+4 予想なし
回顧(ブログ開設前):気合いが乗って、筋肉が締まって見えていい感じ。+4kg。デビューからトータル+10kg。相変わらず頭の高い走法。直線勝負どころで、前が壁になり追い出し遅れるが、それでも伸びて2着。なぜか頭の高いまま今日も伸びてきた。

4)2017/12/09 中山 2歳未勝利 芝1800m 柴田善臣 3番人気4着 432+10 予想なし
回顧(ブログ開設前):また頭が高い。いつもよりペースが早く、いつもより後ろの位置からの競馬。4コーナー流れに乗って上がって行ったが直線半ばで外の馬に寄られ蓋をされ抜け出せない。仕掛け遅れて4着に負けるが、最後まで伸びている。

5)2018/01/27 東京 3歳未勝利 芝1800m稍重 石橋脩 4番人気2着 428-4 本命
予想: 新潟1600でデビューして、東京1800を2走したあと、前回中山1800。頭の高い走法で、いつま仕掛けてからも沈み込む感じがなく頭が高いまま加速して、なぜか飄々と上位にいる感じ。早めにレースを進めることができるのに、なぜかいつも勝負どころで邪魔されて仕掛けが遅れる。それでもなぜか最後は加速して良いところにいる。 デビューから前走まで体重が増え続けていて20kgも増えている。デビュー時は腹回りが細く見えたが、前々走あたりは肉付きよくなり、しかし引き締まってピークに見えた。今回は少し絞れた方がいいかもしれない。前走は4コーナーでトモがバラバラになり、リズムが悪くなったと善臣騎手。はじめての小回り右回りも影響した?今回、東京1800に戻り好走しそう。デビュー2戦目で不良馬場もこなしていて、仕掛け遅れで着外かと思うところから、伸びて3着に来ていて、雪の影響で少し重い馬場でも大丈夫。頭の高い走法がどう変わってくるかも注目する。期待して馬券を購入する。
→ 4番人気 2着 的中! 1700円

回顧:レースセンスが高く先行力があり末脚も確かなのですが、首が高い走法がどうしても安定感を疑問視させます。相手なりに走る、というよりは自分のレースをしてこの結果という印象。走り方が変わってくるともっと信頼できるのですが。末脚は確かなのですが、坂の途中でちょっとフラつくようなところも見えました。今回は不利なく走りきれてよかった。今後は、同じ条件ならば買いでよいと思いますが、まだ全幅の信頼は置けないので人気が高くて馬券妙味が低ければ見送ってもよいかと思います。

6)2018/02/11 東京 3歳未勝利 芝1600m良 石橋脩 2番人気2着 428±0 本命
予想:デビュー戦以来のマイル戦。先行力があるが、なぜかいつも不利を受け、それでも直線は堅実な末脚で上位にいる馬だったが、前走は初めて不利なく走りきれての2着。騎手替わりもよかった。今回引き続き石橋騎手。頭が高い走法でいまいち信頼しにくいのと、坂でフラつくような動作を見せるところがあり、走りぶりが変わってくるかが注目。デビューから20kg増え続けた馬体重が前回初めて絞れた。見た目も小さい馬だったのがよく成長している。今回馬体を維持できているとよい。デビュー戦以来のマイル戦がどうか、こなせると思うが初戦は超スローの上がり32-33秒での勝負で、もしハイペースになったらついていけるかは注目。雨は2戦目と4前走で重めの馬場を経験して末脚を発揮しておりむしろ好材料。好走気配と見て購入する。
→ 2番人気2着 的中! 1300円

回顧:久々のマイル戦ということもあってかいつもより位置取りは後ろになったが、いつも通り4角で捲り3着以下は離してのゴールになった。相変わらず頭の高い走法だが、今回は坂でフラつくところがなかった。この辺りは成長の証なのか1800よりマイルの方があっているということなのか。ゴール直前で手前を替えている。もう少し短い直線の方が良いのかもしれない。前回の中山はチグハグな競馬で着外に負けているが、次中山でも狙っていいかもしれない。デビューから20kg増えた馬体が、前回初めて減って、今回は維持した。次回も維持できているといい。

7) 2018/03/04 中山 3歳未勝利 芝1800m良 石橋脩 2番人気2着 416-12 本命
予想:中2週デビュー7戦目。石橋騎手に替わり3戦目。3走前に中山1800で4着、乗り替わり後は東京1800mで2着、2着。3走前の中山はチグハグな競馬での4着。坂でフラつくところも前走は見られなかったし、馬の成長も感じます。外過ぎず包まれない良い枠、いつものように4角外目から先頭を伺う競馬で好走に期待します。
→ 2番人気 2着 的中! 1300円

回顧:-12kgと減ってしまった。前半馬群の中の狭いところに入ってしまい、頭を上げるなど、かなり苦しい競馬になった。4コーナーから直線もスムーズに行かず、残り150あたりでまだ5-6番手だったが、前が開けると鋭い伸び、ゴール前2-3着馬をギリギリ交わして2着となった。スムーズなら頭もと思わせる競馬

8)2018/03/17 中山 3歳未勝利 芝2000m良 石橋脩 1番人気1着 416±0 購入見送り
予想:いつも堅実に走ってくれる馬で信頼していますが、前回が目一杯の仕上げに見えたので、馬券を見送ります。今回は初の2000mということもあり楽しみですが、頭の高い馬で距離延長はどうかなと思います。

回顧:パドックで非常に落ち着いた様子。前走は非常にうるさく馬体重こそ変わっていないが別馬のよう。外目の枠から好スタートで先行し、6-7番手で競馬を進めた。前走のように掛かる仕草は、道中一切見られなかった。4コーナー手前でいつものように早めに動き、先に抜け出していたシゲルシイタケとの競り合いを制した。レースは1000m63.1、タイムは2:03.4でレース上がり36.7(自身36.3)と平凡だが3着には3馬身半の完勝。

↑このページのトップヘ